「Search Deflector」で検索エンジンとブラウザ変更

「Search Deflector」のアイコン アプリ

Windowsのスタートボタンの近くに検索ボタンやボックスがありますが、検索エンジンが「Bing」、ブラウザが「Microsoft Edge」に固定されているため、パソコンに詳しい人ほど使っていない印象があります。

そこで、「Search Deflector」というアプリを使って、「Google」で検索して「Google Chrome」に変更する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

Windowsのスタートメニューの検索機能とは?

Windowsのスタートボタン周りで検索をするには、以下の①~⑤の方法がよく知られています。

①から有名な順に並べていますが、パソコンに慣れた人は④や⑤を多用する人も多いです。

一番操作が少ない方法は、⑤です。

なお、①~③はWindowsのスタートボタンの周りだけを拡大表示しています。

スポンサーリンク

「Search Deflector」のダウンロード&インストール

  • 以下のリンクをクリックして、「Search Deflector」の公式サイト(GitHub)を開きます。

    spikespaz/search-deflector
    A small program that forwards searches from Cortana to your preferred browser and search engine. - spikespaz/search-deflector

  • サイトが開いたら、以下の図のようにDownloadのリンクをクリックして、インストーラをダウンロードします。

    ダウンロード方法は、画面に表示される指示に従って、パソコンの「ダウンロード」フォルダなど、適当な場所に保存して下さい。

    「Search deflector」公式サイトのダウンロードリンク

  • ダウンロードが完了したら、ファイルを実行します。

    以下の図では「Google Chrome」でダウンロードしたファイルをクリックして実行しています。

    Google Chromeでダウンロードファイルをクリック

  • 画面に出る指示に従って、インストールは基本的にはデフォルトの設定のままで進めていきます。

  • インストールが完了したら、以下のような設定画面が表示されます。

    設定方法については、次の【「Search Deflector」で「Google検索」「Google Chrome表示」に設定する】に進んで下さい。

    画面を閉じる場合は、右下の「Close」をクリックします。

    「Search deflector」設定画面

    インストールした「Search Deflector」は、以下のようにWindowsのスタートメニューの「S」のグループに登録されています。

    よって、「Search Deflector」を起動するときは、ここのアイコンをクリックします。

    Windowsのスタートメニューの「Search Deflector」

 

スポンサーリンク

「Search Deflector」で「Google検索」「Google Chrome表示」に設定する

  • 「Search Deflector」が起動していなければ起動して設定画面を表示します。

    Windowsのスタートメニューの「Search Deflector」

    以下は、起動された「Search Deflector」の画面です。

    「Search deflector」設定画面

  • まずは、検索結果を表示するWebブラウザを以下のように変更します。

    • 変更前
      • System Default(システム既定値なのでMicrosoft Edge)
    • 変更後
      • Google Chrome

    変更方法ですが、

    ①で、まずは以下の図のように「Preferred Browser」をクリックして開いた一覧から、「Google Chrome」を選びます。

    選んだら、②で「Apply」をクリックして設定を保存します。

    「Search deflector」でブラウザを変更

  • Webブラウザを変更したら、Windowsの検索ボックス・検索アイコンなどで、適当に検索をしてみます。

    以下のように検索結果が表示されたら、「Webの検索」の一覧から適当に選んでクリックします。

    Windowsの「検索ボックス」

  • 以下のように「どのアプリで開きますか?」と表示されたら、

    • ①「deflector.exe」をクリックして、
    • ②「常にこのアプリを使う」にチェックを入れて、
    • ③「OK」をクリックします。

    Windowsの既定アプリの設定

  • 以下のように、Google Chromeで検索結果が表示できたでしょうか?

    できたら、ブラウザの変更は成功です!

    Windowsの検索結果をGoogle Chromeで表示できた

  • 検索エンジンについてですが、「Search Deflector」のデフォルト設定で既に「Google検索」に設定されています。

    「Search Deflector」で検索エンジンの設定

    ちなみに、ここで設定されているGoogleの検索エンジンはアメリカのグーグルの設定がされています。

    日本のグーグルの設定に変えるには、以下のように設定します。

    ただし、アメリカでも日本でも検索結果はほぼ同じものになりますので、特に必要性を感じないければ(SEO対策やWEBマーケティングなど)、変更する必要はありません。

    • 「Preferred Search Engine」
      • 「Custom」に変える
    • 「Custom Search Engine URL」
      • 「www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&q={{query}}」に変える

    以下の図は、日本のグーグルに検索エンジンを設定した画面です。

    「Search Deflector」で検索エンジンの設定

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました