はがきデザインキットの住所録をクラウド化する

アプリ

Windowsで郵便局の「はがきデザインキット」の住所録をOneDriveを使ってクラウド化したので紹介します。

その他のクラウド、例えばDropboxはOneDriveと同じようにローカルにクラウド用のフォルダを持っていて仕組みが近いので、同じようなやり方でできると思います。

スポンサーリンク

クラウド化するメリット・デメリット

以下のデメリットでも書いていますが、複数端末で同時に「はがきデザインキット」を起動しないように注意して下さい。

メリット

  • 複数端末から住所録を編集・利用できるようになる
  • 住所録データのバックアップをクラウド上に保存できる
  • WindowsとMacでデータを共有できる

Macで「はがきデザインキット」の住所録をクラウド化する方法は、以下の姉妹サイトで紹介しています。

はがきデザインキットの住所録をクラウド化する
Macで郵便局の「はがきデザインキット」の住所録をOneDriveを使ってクラウド化したので紹介します。 その他のクラウド、例えばDropboxやiCloudはOneDriveと同じようにローカルにクラウド用のフォルダを持っていて仕組みが近いので、同じようなやり方でできると思います。

 

デメリット

  • 複数端末で「はがきデザインキット」を同時に起動すると、データ破損の恐れがある
    • 複数端末で同時起動したり、クラウドにデータ保存する使い方を想定していないため
スポンサーリンク

シンボリックリンクという仕組みについて

クラウド化のやり方としては、Windowsの「シンボリックリンク」という仕組みを使います。

大まかに説明すると、

  • 住所録データをOneDriveフォルダに移動させて、それを参照するシンボリックリンクを本来の「はがきデザインキット」のフォルダ内に作成する

というやり方になります。

「シンボリックリンク」についての詳しい説明はここでは省きますので、ちゃんと知っておきたい人はネットで調べたり、以下のリンク先の記事を御覧ください。

シンボリックリンクとは?(Windowsのソフトリンク・ハードリンクの機能)
シンボリックリンクはコマンドプロンプトで作成するソフトリンクの1種であり、本体ファイルに対し別名パスでアクセスできるリンクです。ハードリンクと違いファイル(窓口)自体を増やす訳ではなく、実物が消えるとリンク切れします。他のネットワークPC上にも作れます。
シンボリックリンクの使い方と落とし穴 - Qiita
仕事でシンボリックリンクを使っているので、その覚書です。 この記事はあくまで「使い方」についての話です。 詳しい仕組みなどは他の解説されているサイトをご覧ください。 シンボリックリンクとは? 簡単に言うとショートカットのような...

 

スポンサーリンク

Windowsで「はがきデザインキット」の住所録をクラウド化する手順

手順としては、次の二段階の作業があります。

  • 住所録データをクラウド用のフォルダに移動する
  • 住所録のシンボリックリンクを作成する

住所録データをクラウド用のフォルダに移動する

ここでのクラウドサービスは、OneDriveを使っています。

Dropboxなど他のサービスの場合は、適当に読み替えて下さい。

  • 「はがきデザインキット」のインストールフォルダを開きます。

    開き方ですが、「エクスプローラ」を起動して、アドレスバーの部分に以下のパスをコピー&ペーストして確定(Enterキーを押す)します。

    C:\Users\%userprofile%\AppData\Roaming\designKit.702840F10216893FC3494B731E825B33666733D6.1\Local Store

    Windowsのエクスプローラ

  • 以下のように「はがきデザインキット」のフォルダが開けたでしょうか。

    矢印が指し示している「yubin10.db」というファイルが住所録データなので、これをクラウド用のフォルダに移動させます。

    今回は、OneDriveの「ドキュメント」フォルダ内に移動してみます。

    Windowsのエクスプローラではがきデザインキットのフォルダを表示

  • 住所録データをクラウド用のフォルダに移動したら、ファイルを右クリックして表示されるメニューから「プロパティ」を選びます。

    住所録ファイルのプロパティ

  • プロパティが表示されたら、ファイルの場所のパスをコピーします。

    まず①で「場所」の項目をマウスでドラッグして全体を選択して、選択部分の上で②で右クリックして表示されるメニューから「コピー」を選びます。

    住所録ファイルのパスをコピー

  • ファイルの場所のパスをコピーしたものを、「メモ帳」「秀丸」「さくらエディタ」「Mery」などのエディタにペーストします。

    これは後で使いますので、エディタは閉じないでそのままにしておいて下さい。

    ファイルパスをエディタにペースト

住所録のシンボリックリンクを作成する

  • Windowsのスタートを左クリックして、スタートメニューを表示します。

    Windowsのスタートメニューを表示

  • スタートメニューが表示されたら、以下のようにキーボードで入力します。

    cmd

    入力中には画面上は何も変化がありませんが、最後まで入力したら画面が変わります。

    Windowsのスタートメニューを表示

  • コマンドを入力し終わると、以下のように検索結果として「コマンドプロンプト」が表示されます。

    表示されたら、「管理者として実行」をクリックします。

    Windowsの検索結果

  • 「コマンドプロンプト」が起動されたら、シンボリックリンクを作るコマンドを入力します。

    シンボリックリンクを作るコマンドの構文は、次のようになります。

    mklink ①リンクファイル名 ②リンク先ファイル名

    mklink、①~、②~の間は半角スペースが空きます。

    • ①リンクファイル名:
      • 「はがきデザインキット」のフォルダ内に作るシンボリックリンクファイルのフルパス
    • ②リンク先ファイル名:
      • OneDriveなどクラウド用のフォルダに移動したファイル名のフルパス

    以上を踏まえて、今回の説明で使っているWindows PCでは以下のようなコマンドになります。

    ②には、「住所録データをクラウド用のフォルダに移動する」でエディタにペーストしていたものをそのままペーストします。

    また、①の「(現在ログインしているユーザ名に置き換え)」の部分は、②のUsers\の後に表示されているユーザー名になります。

    mklink “C:\Users\(現在ログインしているユーザ名に置き換える)\AppData\Roaming\designKit.702840F10216893FC3494B731E825B33666733D6.1\Local Store\yubin10.db” “C:\Users\yamafd\OneDrive\ドキュメント\yubin10.db”

    Windowsでシンボリックリンクを作成する

  • コマンドを実行すると、以下のように「シンボリックリンクが作成されました」と表示されます。

    シンボリックリンクの作成手順はここまでなので、「コマンドプロンプト」は閉じてOKです。

    Windowsでシンボリックリンクを作成する

コメント

タイトルとURLをコピーしました