はがきデザインキットの住所録の保存場所

アプリ

Windowsでゆうちょの「はがきデザインキット」の住所録の保存場所と、「はがきデザインキット」を使わないで住所録の内容を表示する方法を紹介します。

スポンサーリンク

住所録の保存場所

結論から言うと、以下の場所に住所録ファイル「yubin10.db」が保存されています。

C:\Users\%userprofile%\AppData\Roaming\designKit.702840F10216893FC3494B731E825B33666733D6.1\Local Store

なお、「%userprofile%」はユーザーのホームフォルダを表します。

Windowsの「エクスプローラ」のアドレスバーに、上記の文字列をコピー&ペースト(コピペ)すると、その場所に移動することができます。

「%userprofile%」の部分も自動的に自分のホームフォルダ名に置き換わるので、文字列をそのままコピペしてOKです。

Windowsのはがきデザインキットのインストール場所

 

ここまでの説明で、やり方がピンと来なかった方は、ここから詳しいやり方を図解で説明します。

  • Windowsの「エクスプローラ」を起動します。

    起動方法は幾つかありますが、Windowsの画面下のバーに登録されているアイコンをクリックして起動する、キーボードのWindowsキー + Eを押す、などがあります。

    Windows 10 デスクトップ画面

    以下の図は、上の図の矢印のあたりの拡大図です。

    Windows 10でエクスプローラ起動

     

    キーボードを使った起動方法  Windowsキー + Eを押す

    Windows用キーボード

  • 以下のように「エクスプローラ」が起動したら、冒頭にも記載していた以下の文字列を、「エクスプローラ」のアドレスバーの位置にコピー&ペーストします。

    C:\Users\%userprofile%\AppData\Roaming\designKit.702840F10216893FC3494B731E825B33666733D6.1\Local Store

    Windowsのエクスプローラ

    Windowsのエクスプローラ

  • コピペ後に、キーボードの「Enter」キーを押して確定すると、以下の図のように「はがきデザインキット」のインストール場所に移動し、矢印が指し示している住所録ファイルがあるのが確認できます。

    Windowsのはがきデザインキットのインストール場所

 

スポンサーリンク

住所録の内容を表示する方法

住所録のデータは、「SQ Lite 3」というデータベースアプリのファイル形式で保存されています。

よって、このファイル形式のデータを表示するアプリやサービスを使うことになります。

ここでは、以下の2つの方法を紹介します。

それぞれメリット・デメリットがありますので、考えた上で使うようにして下さい。

オンライン上のSQLite to CSVのサービスを使う

Convert SQLite to CSV online - RebaseData
Convert your SQLITE, SQLITEDB or DB file to CSV files online. No need to install SQLite yourself. Privacy and security is ensured.
  • メリット
    • インストール不要なので、すぐに使える
  • デメリット
    • 個人情報をネット上にアップロードするのは、人によっては躊躇される

アプリ「DB Browser for SQLite」を使う

DB Browser for SQLiteのダウンロードとインストール - DB Browser for SQLiteの使い方
DB Browser for SQLiteのダウンロードとインストール方法について解説します。
  • メリット
    • ネット上に個人情報をアップロードというリスクはない
  • デメリット
    • アプリをインストールするので、ネット上のサービスほどの手軽さはない

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました